お肌に必要なのは、美容成分!だけではないです。
保湿も大事ですね。最近は、通販でたくさんのスキンケア商品が
販売されていますよね。

特にスキンケアとなるとアレルギーがないかとか、危険なものは
入ってはいないか。一番気になるのが成分ですよね。

リプロスキンは、口コミなどでとても人気のローションですが、
何が一体人気なのか気になるので、どんな成分が入っているのか調べてみました。
リプロスキンには8種類もの美容成分がたくさん入っています。
リプロスキンは、塗るとお肌にうるおいを吸収してもらうための
準備をしてくれるので、そのままぬるだけでお肌に美容成分が染みこみやすくなってくれるのです。

主な有効成分は以下のとおりです。
知っている美容成分はあるでしょうか?

お肌にうるおいを与える保湿成分

・ダーマホワイト
・ホメオシールド
・低分子コラーゲン
・低分子ヒアルロン酸
お肌に栄養を与える美容成分

・酵母エキス
・イソフラボン
・アロエエキス
・ゼニアオイエキス
これら8種類の成分をナノサイズに縮めているため、
お肌に浸透しやすくなっているのです。だからお肌はプルプルに!

特にイソフラボンには、女性ホルモンを高めるエストロゲンと

同じような働きがあるため、アンチエイジング効果も期待できそうです!

詳しい使い方ですが、朝と夜の2回。

洗顔後にニキビ跡の気になるところはもちろん、

顔全体にぬるのが一番良いです。

特に気になるところには2~3度づけすることで

より効果的に使うことができるのです!

4月 2nd, 2013

Posted In: Reproskin(リプロスキン)