ニキビには、いろいろな種類があり、症状が進むにつれて、状態が変わってきます。
皮膚は、大きく分けて表皮・真皮・皮下組織という3つの層があります。表皮はさらに4層に分かれています。
表皮は、28日周期で新陳代謝をくりかえしています。
なんらかの理由で、皮脂が毛穴に溜まってくると、新陳代謝ができなくなります。
これが、ニキビとなってしまうのです。
皮脂が毛穴に溜まる原因は、紫外線を浴びすぎたことや、皮脂のバランスがよくないこと、また、寝不足や食生活の乱れからも起こります。洗顔がうまくでいていないときにも、できてしまいます。
皮脂がたまってきてしまい、古い角質がはがれずに毛穴をふさいだ状態になってしまうと、白っぽいものが肌の表面にできます。
これが、コメドとも呼ばれる白ニキビです。
主に、あごの下などにできることが多いです。
同じく皮脂がたまり、皮脂と老廃物がまざってしまい、角栓が毛穴に詰まった状態になると、黒く汚れたように見えるぼつぼつができてしまいます。
これが、黒ニキビです。
鼻のアタマに出てくることが多いです。
黒ニキビを気にしてストレスを溜めてしまうと、また黒ニキビの増える原因となります。
白ニキビも、黒ニキビも、まだニキビの初期の症状といえます。
これ以上悪化する前に、早めに治してしまいたいものです。
治すには、できてしまった原因から考えます。
毎日の食生活と睡眠という基本的なところから、見直してみましょう。

3月 27th, 2013

Posted In: ニキビの種類