ニキビを悪化させてしまうのは、アクネ菌が増えてしまうことが原因です。
アクネ菌とは、プロビオニバクテリム・アクネスといい、ブドウ球菌と同じように、皮膚に存在する細胞のひとつです。
アクネ菌は、皮脂を好みます。酸素は苦手としてます。
白ニキビ・黒ニキビから、このアクネ菌が増殖してしまうことにより、ニキビはさらに悪化してしまいます。
毛穴に詰まってしまった皮脂が、外に押し出されて、赤いぶつぶつが表面にできてしまった状態が、赤ニキビです。毛穴周辺の組織が炎症を起こしてしまっています。
この赤ニキビの状態で、治さずにムリヤリつぶしてしまうと、膿をもってしまい、ニキビはさらに重症になってしまいます。
表皮だけでなく、真皮や皮下組織にまでダメージをあたえています。傷をつけてしまっています。
触ると痛みを感じてしまい、黄色くなっているニキビが、黄ニキビです。膿をもっていて、腫れてきている状態です。
黄ニキビまできてしまうと、すぐには治りません。
ニキビをつぶすということはやってはいけません。
黄ニキビをつぶすと、炎症が起きてまた赤ニキビができてしまいます。
ここまでくると、自宅で何かをして治すという段階ではありません。
多少の時間はかかってしまっても、専門家のところへ相談に行き、じっくりと取り組んで治すことが大切です。
完全に治してから、ニキビのできにくい肌を作っていきます。
あきらめないで、根気よく、治すことを考えていきましょう。

3月 27th, 2013

Posted In: ニキビの種類